酒販免許は個人でも取れますか?

酒販免許は、申請要件を満たしていれば個人でも取得可能です。
小売業免許・卸売業免許どちらも可能です。

個人と法人では揃える書類が多少異なります。

例えば、経営基礎要件として法人の場合は直近3年分の財務諸表が必要ですが、個人の場合は直近3年分の収支計算書を提出します。
*新設法人や個人事業を始めたばかりの場合は財務諸表等は不要です。
個人の場合は、定款や会社登記簿も不要なので書類の数は個人の方が若干少ないかもしれません。

今までの経験上、個人だからといって審査が厳しくなるという印象はありませんのでご安心ください。

個人でお酒のネット販売

個人のお客様が取得する免許で一番多いのが、通信販売酒類小売業免許です。

お気に入りのワインを輸入してネット販売する方や、各地の地酒をネット販売する方などが個人で酒販免許を取得されています。

ネットショップの場合、ある程度の在庫が置けるスペースの確保が必要ですが、個人でご自宅での開業も十分可能です。
顧客ニーズが多様化する中、こだわりのお酒のネット販売は今後のビジネスとして注目です。

関連記事 免許申請要件(通信販売)免許申請要件(一般)

お問い合わせ・ご相談はこちらから

ページトップへ