審査中の追加書類・現地確認について

酒販免許申請は、結構大変なのはご存知かもしれませんが、

国税庁で決められている申請書類・添付書類を一式揃えて無事申請!
後は審査結果を待つだけ!

と言う事はほとんどありません。

まず、書類だけでは分からない点について指導官から連絡が入り、
色々と詳細確認があります。

その後、大抵の場合「追加書類・資料」提出の支持があります。

追加書類の種類は、事業内容・運営方法により異なるためその都度対応する必要がありますが、
この書類提出が遅れると審査期間(標準2カ月)が延長されてしまうので、速やかに提出する必要があります。

追加書類提出も終わり、ホッとしていると次は「現地確認」の連絡がある場合があります。
現地確認の有無は、これも事業内容等によって決められるようです。
管轄税務署によっても少し違うかもしれませんが、結構な確立で現地確認が必要となります。

通信販売酒類小売業免許の場合でも、現地確認がある場合もあります。

ここまで終わると、審査終了間近です!
酒販免許申請、ご自身で行う事も可能ですが、結構な労力とストレスがあります。。。
是非、専門家にお任せ下さい!

当事務所は、スムーズな酒販免許取得をサポート致します。
事前相談から現地確認まで、丁寧・迅速に対応させて頂います!
お気軽にお問い合わせ下さい。

タグ:,

コメントは受け付けていません。

ページトップへ