海外からのワインの輸送方法

ワインを海外から輸送

今日は、ワインの輸送方法についてお話させて頂きます。

ワインは気温や湿度の変化にとても弱いため、輸送方法に細心の注意が必要です。

フランスなどのヨーロッパから海上輸送する場合、日本までは数週間かかります。
その間、赤道の近くを通ったりしますので気温の変化がとても大きい事が予想されます。

では、ワインをドライコンテナ(常温コンテナ)で運んでしまったらどうでしょうか?
せっかくのワインの味は?

リーファーコンテナ(冷蔵コンテナ)を利用するとコンテナ内の温度を一定に保った状態で運ぶ事ができます。

コンテナ内が一定の温度に保たれているから、ワインの品質も保たれると言う事ですね。

当事務所では、輸入サポートも行っております。
輸入に関するご質問はお気軽に!

タグ:, ,

コメントは受け付けていません。

ページトップへ