ネットで国産酒販売は難しい?

ネットショップ(通信販売)は、販売可能な酒類に制限がある事をご存知でしょうか?

つまり、ネットショップ用の酒販免許(通信販売酒類小売業免許)では、取扱えないお酒があるので注意が必要です。

【取扱可能なお酒】

  1. 輸入酒 → すべてOK!  
    輸入酒とは、外国で製造されたお酒の事を指します。
    直接輸入した酒類でも良いですし、商社などが輸入した輸入酒を国内で仕入れて販売しても良いです。
  2. 国産酒 → 制限があります!
    • カタログ等の発行年月日の属する会計年度(4月1日から翌年3月31日までの期間をいいます)の前会計年度における酒類の品目ごとの課税移出数量が、全て3,000キロリットル未満である酒類製造者が製造、販売している酒類。
    • 地方の特産品等(製造委託者が所在する地方の特産品等に限ります)を原料として、特定製造者以外の製造者に製造委託する酒類であり、かつ、当該酒類の一会計年度における製造委託者ごとの製造委託数量の合計が3,000キロリットル未満である酒類。

 
簡単に言うと、「生産量の多い大手メーカーのビールや日本酒などは販売できないけれど、生産量が少ない酒造メーカーのお酒なら販売できる。」という事になります。

3,000キロリットル
とは、どれくらいの量かと言うと、

日本酒1升瓶を1800mlとすると、166万本くらいになります。
16600石くらいですね。

ワイン(750ml)に換算すると400万本になります。

日本酒の蔵元の場合、小さい所ですと200石くらいからあるので、意外と多くの蔵元のお酒が取扱えるのではないかな?
と思います。

国産酒の生産量は、事前に蔵元さんにご確認下さい!

蔵元の証明書が必要です

免許申請にあたっては、取扱予定の酒造メーカーから証明書を発行して頂く必要があります。

各品目について3,000キロリットル未満なので、複数の品目を生産している蔵元の場合はご注意ください。

(例1)清酒:2,000キロリットル + ビール:2,500キロリットル  ⇒ OK
(例2)清酒:3.100キロリットル + ビール:100キロリットル  ⇒ NG

この証明書は品目毎に必要となります。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

ページトップへ