お酒の免許に関するQ&A

酒販免許は、取り扱うお酒の種類や販売先によって必要となる免許が異なります。
 酒販免許に関するお問い合わせはこちら 「むらかみ のりこ行政書士事務所」


海外から輸入したお酒を、国内販売する場合はどの免許が必要ですか?

この場合、販売する対象によって異なります。


お酒の免許を取るのに、どれくらいの期間がかかりますか?

申請書類作成期間+2カ月(審査期間)です。

税務署での審査期間は概ね2カ月ですが、申請書類を揃えるまでの期間はお客様の状況により異なります。
免許取得に必要な要件をすべて満たしている場合は、短期間で申請準備ができますが、要件を満たしていない場合は、資料集めや研修を受けるなどの期間が必要です。

例えば以下のような場合は、早目の対応が必要です。

  • 酒類販売経験が通算3年以上ない場合 → 研修の受講が必要です。
  • 国税・地方税を滞納している場合 → 早急に納付して下さい。
  • 通信販売酒類小売業免許を申請する場合 → 商品販売ページ等のサンプル提出が必要です。ショップサイトの準備をお早目に始めて下さい。
  • ネットショップで国産酒を取扱う場合 → 蔵元に証明書を発行して頂く必要があります。

当事務所では、スムーズな免許取得が行えるよう、各種お手続をしっかりとサポート致します。
酒免許申請はもちろん、ネットショップビジネスにも豊富な経験を持っておりますので、安心してお任せ下さい。


自分用に購入したお酒をインターネットオークションに出品する場合、免許は必要ですか?

この場合、免許は不要です。ただし、継続的にオークションに出品する場合は免許が必要となります。


お酒の販売経験がないと酒販免許は取れないのでしょうか?

基本的に「人的要件」として、酒類又は調味食品等の業務に引き続き3年以上直接従事した経験が必要です。
経験が無い場合は、「酒類販売管理研修」を受講するなどで補える事が多いです。
研修開催日程が決まっていますので、申請に合わせて申し込み下さい。
必要なお手続きのサポートはお任せ下さい。


個人でワインのネットショップを開く事は可能でしょうか?

趣味やご経験を生かして、ワインショップを開かれる方が増えてきています。
ネットショップの場合、ある程度の在庫が置けるスペースの確保が必要ですが、個人でご自宅での開業も十分可能です。
顧客ニーズが多様化する中、こだわりのワイン販売は今後のビジネスとして注目です。


一般酒類小売業免許と通信販売酒類小売業免許を同時に新規申請する事はできますか?

はい。できます。

当事務所では、同時申請も承りますのでご相談下さい。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

ページトップへ