古物商許可が必要な場合

古物商許可とは?

古物(中古品)を仕入たり販売する場合は、都道府県公安委員会の古物商許可が必要です。
ネット上で行う場合も、同様に古物商許可が必要です。

許可が必要な場合

  • 古物を買い取って売る場合(修理して売る場合も含まれます)
  • 古物の委託売買する場合
  • 古物を別の物と交換する場合
  • 古物を買い取ってレンタルする場合
  • 国内で買い取った古物を国外に輸出して売る場合

インターネット上でオークションサイトを運営する場合は、古物競りあっせん業の届出が必要です。

許可が不要な場合

  • 自分で使用する目的で購入した物を売る場合
  • 自分の物をオークションサイトで販売する場合
  • 無償でもらった物を売る場合
  • 相手から手数料等を取って回収した物を売る場合
  • 自分が売った相手から売った物を買い戻す場合
  • 自分が海外で買ってきた物を売る場合

古物商許可が必要かどうかお悩みの場合は、お気軽にご相談下さい。
初回ご相談は、無料で承っております。

古物商許可申請は「むらかみ のりこ行政書士事務所」へお任せ下さい

ページトップへ