古物商URL届出後の手続きについて

ネット上で古物販売を行う場合には、URLの届出が必要です。
古物商許可申請時にURLの届出をした場合は、以下の手続きを行って下さい。

1.ホームページ上の表記確認

ネット上で古物の取引を行う場合、ホームページ上に古物商許可を受けている事を示す表記が必要です。
具体的には、以下の3点の表記が必要となります。

  • 許可証に記載されている「氏名又は名称」
  • 許可を受けている公安委員会の名称
  • 許可番号(12ケタ)

記載する場所は、「ホームページのトップページ」又は「トップページの「古物営業法に基づく表記」等の文言のリンク先ページ」です。

2.取引相手の確認方法の確認

古物の買取りを非対面取引(インターネット、FAX、電話)により行う場合、取引の相手方の確認方法が施行規則に定められています。
「単に、取引相手から免許証等のコピーを送ってもらう方法」では、違法です。
詳しくは、「非対面取引における確認の方法」をご覧ください。

3.古物商URL届出一覧への掲載

1、2が確認できたら、各都道府県の公安委員会ページよりURLの届出を行って下さい。
ホームページが未開設、上記の要件が不十分の場合は「古物商URL届出一覧」には掲載されません。

古物商許可申請は「むらかみ のりこ行政書士事務所」へお任せ下さい

ページトップへ