建設業許可が必要な場合

建設工事の完成を請負う事を営業するためには、元請負人・下請負人、個人・法人の区別に関係なく、建設業許可が必要となります。

ただし、
小規模工事のみを行う場合は、許可は不要です。

建設業許可が必要な場合

小規模工事とは
【建築一式で右のいずれかに該当するもの】
  ① 1件の請負代金が1,500万円未満の工事(消費税含む)
  ② 請負代金の額にかかわらず木造住宅で延面積が150㎡未満の工事
【建築一式以外の建設工事】
  1件の請負代金が500万円未満の工事(消費税含む)

建設業は工事内容により28業種に分かれており、許可を受けた業種に限り請負い営業ができます。
(工事を受けた業種の付帯工事は、許可の有無に関わらず、請負う事ができます)
該当する業種すべての許可を受ける事が必要となります。

業種ごとの許可要件を満たすかどうかの確認~許可申請まで、しっかりとサポートさせて頂きます。

むらかみ のりこ行政書士事務所へのお問い合わせ・御見積りはこちらから

ページトップへ