SEO対策キーワード設定などのネットショップコンサルティングは、むらかみ のりこ行政書士事務所

付加価値で価格競争から抜け出そう!

私がネットビジネスに携わるようになったのは、約16年前。
大学の卒業研究のテーマがネットショップでした。
当時は、パソコンが家庭に普及し始めた頃で、ネットの常時接続も珍しい時代でした。

ネットショップの事例も少なくとても苦労して研究した記憶があります。
当時は、大学の研究室でさえ電話線に繋いでダイアルアップ接続していました。
電話代が気になるんですよね。

大学卒業後、就職した先はNTT。
配属先は調査研究室という、ネットを使って何ができるか?を調査するネットビジネスの最前線でした。

大企業・中小企業・イベント等でのネットビジネス。
ここでの経験はとても大きな物であり、ネットビジネスは単に格好良いシステムを作れば良いという物ではなく、その先には人(お客様)がいる。という事を学びました。

退職後、5年前くらいから始めた「輸入教材ショップ」。
仕入れ・ページ作り・価格決め・宣伝・発送まで、すべて一人で行っています。

この経験は、現在のネットコンサルサービスに大いに役立っていると思います。
何事も経験は大事です。

始めた当初日本では未発売だったお店の主力商品も、2年後くらいにはアマゾンでも取り扱うようになり、価格競争も激しくなってきました。

オリジナル商品や日本未入荷商品など以外は、だいたい価格競争に陥ってしまいますね。
特に購入層が限られている商品の場合は、マーケットも狭く小さなお店では回らなくなるのが現状です。

では価格競争に巻き込まれないためにはどうしたらよいか?
付加価値をつける事です!

商品にちょっとひと手間かけてみて下さい。
量販店では面倒でできない様な事を。

海外の商品を取り扱うのであれば、日本語の説明書を付けたり、使い方のサポートを行うなどの付加価値が考えられます。
私の場合は、実際に使ってから日本語説明書を作成します。
実際に使っているので、詳細な説明や問い合わせに対応する事ができ、お店の信用・安心にも繋がります。
他のお店で購入した方から、日本語マニュアルを欲しいとのお問い合わせをよく頂きます。
その際は快くご提供する事にしています。
せっかく、お店を頼って連絡してきて下さったのですから。

ワイン等のお酒や食品を扱うのであれば、そのお酒に合うおつまみの紹介や、保存の仕方・お酒にまつわる話しなどオリジナルの付加価値を付ける事が考えられます。

ブログやFacebookページなどで、お店の雰囲気や店長さんの人柄を伝えるもの効果があります。
価格競争だけにとらわれずに、人と人のつながりを大切にしてお店のファンを増やして行くことで、経営も安定していくと思います。

付加価値やブログでお店を大切に育てて行くと同時に大切なのが、お客様にページを見てもうらう事。
検索してもお店のページが出てこないようでは、残念ながら売上は期待できません。
検索エンジン対策(SEO)は、基本に従って地道な作業をする事に尽きます。
この部分については、是非ご相談頂ければと思います。
元エンジニアとして、きっとお力になれると思います。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

ページトップへ